Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

−ランチョンミーティング−
「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)について」開催のご案内

会員各位

一般社団法人 日本救急医学会
代表理事 杉本 壽
診療行為関連死の死因究明等の在り方検討特別委員会
委員長 有賀 徹

 診療行為関連死の死因究明等の在り方検討特別委員会では、年余を掛けて院内事故調査委員会の在るべき姿などについて議論を重ねてまいりました。そして、平成21年11月に「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)」(http://www.jaam.jp/html/info/2009/info-20091119.htm)を、本学会ホームページに掲載し、広く会員の皆様からのご意見をお願いしているところです。
 つきましては、さらに関係される方々と議論を深めたく、来たる平成22年2月22日(月)、東京ガーデンパレス(御茶ノ水)において本学会定時社員総会が開催されますが、同日に標記のとおり、ランチョンミーティングを開催することとなりましたのでご案内させていただきます。
 なお、ランチョンミーティングのため事前登録制(定員250名)とさせていただきます。参加を希望される際は、事前参加登録申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、平成22年2月10日(水)までに本学会事務所宛にFAXにてお申し込みくださいますようお願い申し上げます。(定員になり次第締め切らせていただきます。)

※13時45分から同会場にて定時社員総会が開催されます。恐れ入りますが評議員以外の方は、ランチョンミーティング後ご退出いただきます。何卒ご容赦ください。


一般社団法人日本救急医学会
「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)について」
― ランチョンミーティング ―

司 会: 杉本 壽
 (日本救急医学会 代表理事、星ヶ丘厚生年金病院 院長)
有賀 徹
 (日本救急医学会 理事、昭和大学医学部救急医学 教授)
 (診療行為関連死の死因究明等の在り方検討特別委員会 委員長)
開催日時: 平成22年2月22日(月) 11:30−13:30
場 所: 東京ガーデンパレス 2階 天空
URL:http://www.hotelgp-tokyo.com/map/index.html
〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-5 TEL:03-3813-6211(代表)
プログラム:
1.「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)」の概要説明
昭和大学医学部救急医学 教授 有賀 徹
2.「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)」をめぐる諸々の意見
埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター 教授 堤 晴彦
3.「医療事故の調査などに関する日本救急医学会の提案(案)」の法的側面
木ノ元総合法律事務所 弁護士 木ノ元 直樹
4.民主党の考え方
民主党参議院議員 梅村 さとし
5.Aiのアンケート調査に関する速報
川崎医科大学附属病院高度救命救急センター 教授 鈴木 幸一郎

6.総合討論

  ※当日はプログラムの変更の可能性もございますが予めご了承ください。また、衆議院(民主党)吉田統彦議員(愛知県名古屋市、眼科医師)の来場も叶うかも知れません。その折にはご発言をお願いできると思います。
■問合せ先:
一般社団法人日本救急医学会
〒113-0033東京都文京区本郷3-3-12 ケイズビルディング3階
TEL 03-5840-9870  FAX 03-5840-9876
このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine