Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

日本医学会から
「医療ニーズの高い医療機器等に関する要望書提出」の依頼について

有限責任中間法人日本救急医学会
会 員 各位
有限責任中間法人日本救急医学会
代表理事 山本 保博
総務委員会委員長 横田 裕行

今般、日本医学会の高久史麿会長より各分科会宛に、厚生労働省医政局研究開発振興課からの「医療ニーズの高い医療機器等に関する要望書の提出について」の依頼がありました。

内容は医療ニーズの高い医療機器等を把握するため、国内で未承認、適応外となっている医療機器等(種類)について、各学会より要望書を募集するというものです。

募集要件としては、国内で未承認又は適応外使用にあたる医療材料,体外診断薬等の医療機器で、下記のいずれの要件も満たすものとして、学会から提出されるものとされています。

  1. 主要諸外国において使用されていること
  2. 上記医療機器の使用の対象患者は、生命に重大な影響がある疾患、又は病気の進行が不可逆的で、日常生活に著しい影響を及ぼす疾患を有するものであること

つきましては、会員の皆様からのご要望を伺いたいと思いますので、【専用データシート(Excelデータ)】にご記入の上、メールにてお送りくださいますようお願い申し上げます。

送信先:【日本救急医学会事務所office-jaam@umin.ac.jp

会員の皆様のご要望は、本学会総務委員会がまとめさせていただき、「日本救急医学会からの要望」として厚生労働省へ提出しようと考えております。

なお、提出期限が4月30日必着のため、ご要望の調整等を考えますと甚だ恐縮ではございますが、4月23日(水)の受信分までの受付とさせていただきますのでご了承ください。

また、ご意見の調整は総務委員会にご一任いただければと存じます。

ご多用中とは存じますが、何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます。

<注 意>
学会からの要望として提出いたしますので、日本医学会ならびに厚生労働省へのお問い合わせはご遠慮ください。ご質問のある場合には、日本救急医学会事務所までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
     

日本救急医学会 総務委員会担当宛 TEL03-5840-9870/Mail:office-jaam@umin.ac.jp

 
このページの上へ

© Japanese Association for Acute Medicine