Japanese Association for Acute Medicine
総会・学術集会 提言・報告等 地方会 学会誌 定款 名簿&施設一覧
専門医制度 指導医制度 用語集 入会案内 会員事務手続き リンク 会員専用ページ

第3回米国外傷外科学会・日本救急医学会合同学会
The 3rd Joint Meeting of American Association for the Surgery of Trauma & Japanese Association for Acute Medicine

演題募集のご案内
AAST合同学会準備委員会
委員長  相川 直樹
 
2008年(平成20年)9月24日(水)から9月27日(土)までハワイ マウイ島で開催される第3回米国外傷外科学会・日本救急医学会合同学会の演題募集を下記の要領で行います。(注:募集期間が変更になりました。
なお、新しい情報は随時更新いたしますのでご確認ください。
 
演題募集期間:2008年(平成20年)1月15日〜2月15日(必着)
日本救急医学会側からは、口演10題・ポスター30題が採択予定です
 
応募のための抄録用紙(PDFファイル)をダウンロードし印刷して御使用ください。(印刷の際、ファイルメニューから印刷設定でA4を選び、次にファイルメニューの印刷からページ処理→ページの拡大/縮小で、「なし」を選んで印刷してください。印刷後、用紙内の抄録記入欄が大体、横14.2cm、縦17cmとなっていることをご確認ください。)
下記の「抄録作成上の注意」に従って抄録を作成し、「オリジナル2部」「施設名、発表者名を隠したコピー1部」の計3部をお送りください。
送付先は、封筒おもてに「AAST・JAAM合同学会抄録」と朱書きの上、下記の日本救急医学会事務所までお送りください。
同時に抄録作成に使用した、Title, Authors, Abstracts, Correspondence等のMicrosoft Wordのファイルを editorial-jaam@umin.ac.jpまで添付書類としてお送りください。(枠の大きさと字の大きさ・行間などを、規定に合わせたものが望ましい。)採択された抄録をAASTに登録する際に使用します。
 
注!
米国では抄録の受付をオンラインのみで行っていますが、日本は別枠で受付と採用を行いますので
決して米国のウエッブサイトには送らないでください。
 
抄録作成上の注意:
1) 抄録は英文で作成してください。
2) 記載のスペースは横14.2cm、縦17cmの四角のなかに収まるようにしてください。
(Microsoft Wordでファイルメニューから、ページ設定→用紙でA4を選び、余白で左右を35mmずつとすれば横幅が14cm程度となります。A4にプリントアウトし、紙を切って抄録用紙に貼り付ければ簡単です。)
3) 文字(活字)はTimes New Romanの11pointとし、改行は1.5行としてください。(行間の設定は、Microsoft Wordで書式メニューから段落→インデントと行間隔→間隔→行間を1.5行としてください。)
4) タイトルはすべて大文字(Capital letter)としてください。
5) 目的を明確に述べ、方法についても簡潔に記載してください。実際のdataを提示し、もし可能であ れば、結果のサマリーを記載してください。研究の重要性を発表の中で提示するという形式の抄録は審査の対象といたしません。
6) 抄録のタイトル、本文中に研究者やその所属施設が判るような表現は含まないようにしてください。
7) 演者名にはacademic degree (MDなど)をつけて記載してください。AASTのfellowの名前には(*)をつけてください。演者のなかにAASTのfellowがいない場合は、JAAMメンバーの名前に(#)をつけてください。
8) 抄録用紙欄外の、口頭発表(oral presentation)または、ポスター(poster presentation)のみを希望するか、あるいはいずれでもよいかをチェックしてください。
9) 同じく、研究のカテゴリーを一つ選び、First authorの身分を選んでください。(JAAM メンバーでありAASTメンバーでない場合は、身分のチェックはつけないで結構です。)
10) 連絡先(郵送先)に関するすべての情報を、必ずご記入ください。(氏名、施設名、所属科・部、郵送先住所、電話、fax、e-mailアドレス)

抄録提出先及びお問合せ先:
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-12
ケイズビルディング3階
日本救急医学会
AAST・JAAM合同学会係 宛
TEL03-3813-9914 FAX03-5840-9876
ひとつ前の画面へ
このページの上へ